EBookの内容を一部翻訳

CAN-CのEbookの内容の一部を翻訳してみました

海外のCAN-Cの正規サイトから、Ebookがダウンロード出来るのですが、その内容の一部をグーグル翻訳を使用して日本語にし意味が通るような内容にしてみました。

間違い等も多いかもしれませんが、参考までにご活用下さい。

ファイルが欲しい場合は、下記URLをコピーアンドペーストする事でEBookのダウンロードページへ行くことが出来ます。
URL:http://www.can-c.net/downloadcanc.php

Marios Kyriazis, M.D

Kyriazis医師は、アンチエイジングを専門とする内科医の権威であり、そして国際的にこの分野では先駆者知られている。彼は、キングズ・カレッジのロンドンロイヤルカレッジ・オブ・フィジシャンにて、医学学位を取得し、大学院を卒業した生物老年学者?/bio-gerontologistである。

彼は医療専門家と大衆向け共に、数多く著書を持ち、そして彼の記事は幅広く出版されている。1991年に、Kyriazis博士は、British Longevity Societyという協会を設立した。老年学という分野において現在でも活動が続いており、また先駆けとなった協会の一つである。

プロローグ
Marios Kyriazis博士は、老年性白内障と呼ばれる病気打開のための、近年における最も重要な発見の一つに対し、豊富な医学的ノウハウをもたらしている。老年性白内障は55歳以上の人の5人に1人がかかる病気である。

以前までは、この慢性症状に対する効果のある唯一の治療方法は外科手術であった。そしてまさしくその種類によっては、重篤な合併症状を引き起こす可能性がある。水晶体をプラスチックのものに取り替えてしまうということが、視力調節の損失につながるということを、我々は考慮する必要がある。端的に言うと、プラスチックのレンズは自然のものほどよくないということだ。

しかし現在、そのほかの非外科治療が可能になっており、とりわけロシア生まれのN-アセチル-カルノシンである。この目薬の治療は、臨床試験において、加齢が関係する白内障の治療に関し劇的かつすばらしい結果を見せた。

さらにいえば、この白内障治療は、他の眼の障害にも効果を見せる。

  • 緑内障
  • コンピューター視覚症候群
  • 加齢黄斑変性
  • 眼精疲労
  • 角膜の真菌感染症
  • 霧視
  • ドライアイ症候群

白内障の治療は、眼の治療に対する代替的手段を知ることに興味を持つ人達にとって、頼みの綱であり、そしてその手段は科学的かつ臨床試験によって証明されている。

担保文言

この本に記載されている情報は、著者の研究と調査をもとに作られている。医学的鑑定を代替しようとしているのではなく、病を診察・治療とする試みは、医師の管理下の元で行われるべきである。

出版者は特有の手順を推奨しようとしているわけではないが、しかし本誌に書かれている情報は、大衆に公開され得るものと信じている。それゆえに出版者は、副作用や、本誌で議論されている提言や手順から生じる結果に関しては、責任を負わないものとする。

商品や、含まれている情報によるサービスを買おうとう決断は全て読者自身に責任が所在するものとする。

第1章:導入
歴史は人間が、以前よりも長生きになっていることを示している。科学の進歩は、多くの病が成功裏に克服されていき、そして既存の病に対して効果がある新しい治療法が見つけられてきている。今後20年以内に、われわれは人類の寿命が劇的に伸びる瞬間を体験するかもしれない。

そしてそれは、遺伝子学、幹細胞、成長因子、カロリー制限模倣物やナノテクノロジーといった分野における発見が可能にした。その時が来るまで、我々人類は現在の加齢による障害を出来る限りうまく付き合っていく必要があり、これを可能にするために、正確に加齢の仕組みを知っていく必要がある。

ほとんどのアンチエージングの研究者と内科医は、加齢に関わる主要な要因は、フリーラジカルによって生じたダメージであるということを受け入れている。化学構造から電子を失った単純化合物のかたまりがある。

電子の欠損は、自由電子をとても不安定なものにする。化学と化学的法則に則った理由によると、自由電子は消えている電子をどこからか得る必要があり、また他の原子を、電子が得られる場所から見つけ出さなければならない。

あとがき

このような内容となっていたのですが、気になったのはCAN-Cが白内障以外への有効性も示されている部分です。それらの症状への活用も出来るとなれば、白内障のみならず目の健康を総合的にサポートしてくれる目薬としての活路もあるのかもしれません。

尚、あくまでも日本語の直訳しただけの内容である事をご理解下さい。
このページおよび当サイトの情報によるトラブルや損害は、全て自己責任でお願いします。