CAN-Cは犬やウサギの白内障にも使える

犬などにも起こる白内障の改善にも期待

CAN-Cの優れているところは、人間だけでなく、ペットの犬やウサギにも使用することが出来る点です。Nアセテルカルノシンがペットでも安全に使用出来る成分だからこそ可能となっていますが、もしも、今飼っているペットの眼球が白濁化の傾向がみられたら、試しにCAN-Cを使ってみるのも良いかもしれません。

人間の場合は老人性白内障が白内障の原因として多くあるので、それが加齢によって引き起こされているものだということがあります。年齢が高くなるにつれて白内障の発症リスクが高くなるということですが、犬の場合はまた異なるようです。

また、人間と同様に犬も白内障手術を受ける事が出来るんですが、その手術を受けている平均年齢は5歳程度でそれほど高くありません。

犬の5歳は、人間の年齢に置き換えると36歳から38歳程度ということなので、人間のように加齢によって引き起こされる白内障と比べると少し早い気がします。

その上で、白内障を手術するには何かと制限が存在するので、飼い主が幾ら手術を希望しても、それができないケースも有るようです。

例えば、手術後に必要となる毎日の点眼を欠かさず行うことが出来るのか、また、薬を毎日のように与えることが出来るのか、そして手術後も定期的に検査しなくてはいけないことなどあります。

白内障の手術を犬に施すこと自体はそれほど問題が無いにしろ、その後のケアをしっかりとサポートしてあげられるのかな飼い主に求められるところのようです。

それと併せて、犬にも様々な性格がありますが、気性の荒いような犬であれば、目を傷付けてしまうことがあり失明のリスクなども有るので、手術をすることができなくなってしまうようです。

その反対に、極端に臆病な犬は、おとなしくしていられないことも有るので、それも、手術してあげられない理由となるそうです。そう考えると、犬が白内障になった場合それを手術で改善しようと思っても、中々簡単に出来ることではないということがわかります。

それも含めて、まずは、目薬として点眼するだけで改善する期待が持てるCAN-Cを犬に試してみることから始めてみれば、こうした手術をすべきかどうかで悩む必要もなくなるかもしれません。

ただし、信仰が著しい白内障の場合は改善する可能性も低くなるので、その点も踏まえて、早めに取り組んでみるのが良いのではないでしょうか。