白内障の再発を防ぐ体質改善

体質を改善する為には抗酸化成分が必要不可欠?

手術で白内障を箇所を取り除いても、再び再発することが多いと言われています。
これは、眼内レンズを挿入する為に残しておいた水晶体の水溶液が数週間から数年後には再び白濁化してしまうというものです。

このように手術は一見根本治療のようで実際には再発するリスクも残っているので、出来ることならば、最終的な手段として残しておきたいと思うもの。

それでなくても、術後に傷口がふさがるまで、注意しながらの生活が必要となり、万が一、細菌類が水晶体内に入ってしまったら、失明するリスクも有ると言われています。十分に注意しなくてはいけません。

手術をしても白内障の再発が一定率有るという事は、手術によって根本的な問題が改善したいないから白内障になりやすいことが考えられます。

その体内の状態を改善する為にも重要となってくるのは抗酸化力。

抗酸化力が落ちると、体内で発生した活性酸素や老廃物の影響を受けて、細胞が老化しやすくなります。特に眼球というのは、光の反射で物を見るという関係上、紫外線がどうしても目の中に入って来てしまいます。

紫外線は、細胞に対してダメージを与える光の波長なので、それが原因で白内障、または、日本人の間でも増えて来ている加齢黄斑変性症などの要因の一つと考えられています。

そして、こうした光によるダメージを防ぐ為には、抗酸化成分が必要不可欠。
体内に十分な抗酸化力があれば、それが細胞を守り病変するのを防いでくれます。

なので、体内で発生した活性酸素や老廃物による影響、または紫外線などの光によるダメージを防ぐ為にも、抗酸化力の高い成分を体内に取り込んでおくことが、白内障の予防などに繋がっていくのではないでしょうか。

抗酸化成分の中でも、目との関係の有る成分は、ルテインやゼアキサンチン、他にも、アントシアニンやビタミンEも間接的に目の健康に関わりを持っています。

紫外線によるダメージを防ぐ上で必要なルテインやゼアキサンチンを始め、血管内送りにしてくれるアントシアニンやビタミンEなどを摂取して体内環境を改善することが、結果的に、白内障を始めとする目の健康を守る上で必要な事ではないでしょうか。