サプリメントを活用する場合

目の健康を保護するルテインが有効です

白内障予防やCAN-Cの使用に併せて日頃から栄養をしっかり摂る事も大切ですが、中でも、目の健康に直接関わり有る成分であるルテインは摂取しておきたいところです。

ルテインは、カロテノイド系の色素成分であり、加齢によって起こる網膜の病気である加齢黄斑変性症を防ぐ働き、または、改善する働きが期待されますが、白内障にも同様に効果があると言われています。

なので、これらを予防する上でも欠かせない成分と言っても過言ではありませんが、むしろ、慢性的なルテイン不足が白内障を引き起こしている可能性も考えられるので、ルテインを摂取する事は、これらの予防を行う事に繋がります。

紫外線や赤外線には、有害な光線が含まれていますが、光を通して物を見ることで網膜や水晶体にダメージを与えてしまいます。

その蓄積が一定以上になると病変を起こしやすくなり、これが水晶体に起こると白内障を発症するのです。

透明度の高い状態で維持されていたタンパク質成分がダメージによって本来の機能を失い透明度が下がった状態が白内障です。

また、これは、紫外線や赤外線だけでなく、体内で発生する活性酸素の影響なども有りますが、いずれも、加齢によって保護する働きが弱くなり対処しきれなくなった結果です。

同時に、これらの発症は何らかの病気がきっかけというわけではなく、年齢とともに起こる仕方の無い事のように思われがちです。

なので、症状の進行が緩やかならすぐに何らかの処置が必要となるわけでもなく、また、医者からもそう言われることで油断してしまいがちですが、早い段階で気づいたなら、早めの対処に越したことはありません。

その上でも、最適な一つの方法がルテインの摂取です。

今では、こうした情報も周知されルテインのサプリメントを意識して摂取する方が増えていますが、そのサプリメントもフローラグロー製法により作られた製品が体内のルテインと同じ形で摂取できるので良いとされています。

また、配合量も様々有りますが、まずは、フローラグロー製法を基準として、後は、価格と配合量のバランスを見て選ぶと最適なものが見つけやすくなります。

ルテインは、過剰症なども心配なく服用中の薬などが有っても問題ありませんが、脂溶性なので食事との同時摂取、食後の摂取で吸収されやすくなります。

加齢によって栄養の吸収力も落ちるので、一日推奨量より多めに摂るように心がけると、必要量を補えるようになると思います。