CAN-Cを個人輸入する際の注意点

到着まで時間がかかるので逆算して早めに

CAN-Cは、日本ではまだ承認されていない働きを含むため、使ってみたいと思っても入手するには海外から個人輸入するという形しかありません。海外から個人輸入というと少し大それたことのように感じてしまうかもしれませんが、実際には日本で通販するのとほとんど変わりありません。

ただ一点注意しなくてはいけないのは、品物を注文してそれが届くまで時間がかかってしまうことです。

航空便にしても船便にしても、海外から日本届くまでの道のりが長いだけでなく、発送スケジュールの兼ね合いなども関係し、どうしても届くまでに時間がかかってしまうので、その点を理解しておかなくてはいけません。

CAN-Cを今すぐ必要だと思っていても、注文してから届くまでには、1週間から10日。長ければ2週間程度かかることも有るので、その時間を逆算して前もって早めに注文しておくことで、待ちくたびれることは少なくなると思います。

また、白内障を目薬だけで改善出来る期待が持てるとして人気があるだけでなく、継続して利用している人がいることを忘れてもいけません。

CAN-C自体、毎月製造出来る量にも限界がありますし、それが販売店に割り当てられる量にも限度が存在します。なので、注文者が多くなると一時的に在庫切れとなり、品物が中々届かないなんてことにもなり兼ねないので注意してください。

実際に、CAN-Cを始めとして、ドクターズチョイス製品として取り扱われているサプリメントや検査薬などの中で人気のあるものは、品物の供給が間に合わなくなり在庫切れとなることもあります。

そういう場合でも注文自体することは可能となっていますが、品物の入荷待ちとなるので、注文しても中々届かないなんていう事も考えられます。

そうしたことを防ぐ上でも、サイト上で品切れとならないうちに早めに注文しておくことで、CAN-Cをスムーズに購入することが可能です。