術後の白内障再発

手術をしても白内障が再発するようです

白内障の手術を考えている場合、すぐに手術を行うべきなのでしょうか。
これはその人の状況により様々な考え方があると思いますが、注意しておかなくてはいけない部分として、白内障の手術を行っても再発するリスクがあるようです。

その一つが後発白内障と呼ばれるもの。
手術を行って水晶体から白内障の白濁した部分を取り除き、その代わりに眼内レンズを挿入します。

この時、水晶体の中には、眼内レンズを入れる為に残しておいた水晶体の成分の一部が術後に、濁り白濁化することで再び白内障を引き起こすというものです。

このように一部の水晶体組織を残しておくのは、そうしなければ眼内レンズを固定しておくことができない為。白内障手術で眼内レンズを入れる場合はどうしても必要となってくることのようです。

この濁りなのですが、顕微鏡レベルでは、白内障術と眼内レンズの挿入を行った全ての人に何らかの濁りが確認されると言われています。中でも、進行の早い人であれば、手術者数週間から数年で再び白内障が再発することがあるようです。

手術を行えば白内障そのものを取り除くことが出来るので、根本治療のように思えるかもしれませんが、実際にはそう簡単なものではなく、再び白内障を引き起こすリスクも残しているということがお分かりいただけたでしょうか。

すぐに視力を取り戻したいと思って白内障手術を受けても、再発してしまえば元も子もありません。

その点、日本で認可されている白内障点眼薬で症状をの進行を抑えることができれば、まずは、それで手術を先延ばしにしたり、もしくは、多少の視力制限は有っても生活していくことが可能かもしれません。

同じように、白内障目薬のCAN-Cを用いれば、症状の進行を食い止めてくれるだけでなく、白内障改善し水晶体を元の透明な状態に近づけてくれる可能性があります。

それも考えると、手術の前に出来る対策は色々とあるのではないでしょうか。
その一つの方法として白内障目薬のCAN-Cは、試してみる価値はあると思います。