加齢性白内障の年代別の割合は?

40代以降の発症率を考えると30代から予防対策

加齢性白内障は、どの位の年齢から注意すべきなのでしょうか。
調べてみると、年齢別の発症割合として、以下のような情報がありました。

  • 40代:40%
  • 50代:65%
  • 60代:75%
  • 70代:85%
  • 80代以降:ほぼ全員

この情報を参考にしても、40代の5人中2人が加齢性白内障という事で割合の高さを感じます。まだまだ働き盛りの30代から、10年後、20年後に向けて、目の健康対策は、早めに取り組むようにしたいところです。

身近な家族の目の健康状態を踏まえると、50代、60代ともに、これらの割合に含まれていないので、実際には、これより少ないようにも感じるので、普通に健康的な生活を送っていれば、そこまで心配無いようにも思います。

ですが、ライフスタイルや食生活、生活習慣や職場環境などの影響を受けて、反対に、年齢よりリスクが高くなるケースも考えられるので、予防を含めた白内障の対策は、早めに取り組むに越したことはありません。

予防や軽度の白内障改善には、CAN-Cが手段の一つとなりますが、もしも、白内障の原因が加齢性ではなく、紫外線や目への直接的な衝撃、熱や放射能という場合、加齢性より早く症状が悪化する事も考えられます。

加齢性白内障は、酸化ストレスの蓄積により、水晶体を構成するタンパク質の変性が進み、次第に大きな分子となる事で透明度を失った状態です。

また、後者に原因によって起こる白内障も病的な原因ではないので一見すると加齢によるものと勘違いしそうですが、紫外線ならUVカットのサングラス。衝撃や熱には、保護メガネや遮光メガねなどの対策が必要となってくるのではないでしょうか。